「副社長のボヤキ 第22回」

2009年4月25日 PM6:12

もういくつ寝ると、卒業・入学・入社・・・・退社。

空前絶後の不景気真っ只中ですが、
休日は惰眠をむさぼるかニコニコ動画を観てニヤニヤしています。

働け!どうもこんにちわ、アラームサービス副社長鈴木です。


〜アカペラ〜
練習、ついに月一になっています。年間で換算して12回。
プロじゃないんだから錬度が上がるはずもない。

とまあゆっくりしていたら、5月の後半にまたライブの誘い。

メンバーの予定調整中ですが、できれば6月にずれ込んでほしい。
だって練習できないもの。


〜経済〜
中々戻りませんね、やはり。

アメリカ・オバマ政権の一時の勢いにも陰りが見え始め、
日本では政権交代を声高に叫んでいた
あの大物が政治資金規正法違反の疑いで信用失墜。

北朝鮮が弾道ミサイル発射を通告し、
断固たる対応の麻生総理は支持率を少し回復、

これに関しては民主の自爆が大きいですが。
まあ大局はお偉いさん方に任せておきまして、
個人的には徐々に株を戻している感じですかね。

毎日100円でも利益をあげるという目標でこつこついけば、
それなりに稼げますので。


〜変化〜
同居していた妹が就職で引っ越しました。

と思ったらトンデモ会社だったので1週間の研修期間で辞めました。

世の中の大半は
どーしようもない会社が占めているのが現状なので、
(探す)努力と運が足りなかったと納得させましたが、
内心はどうなのでしょうか。

それにしても、新入社員をなめているのか
世の中なめているのかわかりませんが、
契約書に書いてあることを守らないってのは、
極めて悪質な会社だといえます。

具体的に列挙すると、

採用の時点で「正社員」だったのに、
研修生→バイト→契約社員→正社員の順に
段階を踏まなければいけないことを研修当日に通知。

その際に受け取った契約書に、
研修生でも給与は支給するという文言がありながら、
「まだ仕事ができないのだから給与は払えない」

さらに、それぞれの段階での
給与と福利厚生についての具体的記載なし。

上記のステップを踏むには、
どの程度の仕事とどのくらいの期間働けばいいのか?と問うと、
具体的な基準を教えず
「まだ何も仕事が出来ない内からそんなことを言うな」という、
質問の内容・企業倫理を全く無視した回答。

初日に渡すはずのタイムカードを渡さず、
しかもそれを伝えてからもタイムカードの発行さえしようとしない。

店舗のデザインのアイデアを研修初日に考えて来いと指示され、
何パターンかデータで送ると、
数日後には、
何の通知もなく採用されたアイデアが店舗の外装になっていた。

という具合に、まだまだ挙げればキリがないです。

まだ4月にもなっていない段階でこの状態ですから、
なんというか人生ってのは本当に一寸先は闇です。

さて、私ども株式会社アラームサービスは、
社員の給与・福利厚生に関しまして、事前の説明・通知を徹底し、
認識の差異がおきないよう努めております。

時間の許す限り
社長の宮崎にも懸案事項として目通りいたしますので、
ご不明な点などがございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

それでは、
今後とも株式会社アラームサービスをよろしくお願いいたします。

 
BACK