「副社長のボヤキ 第19回」

2009年1月23日 PM6:57

祝い事、PC周辺機器買い替え、
朝食作り怠慢などで発生した絶望の経済状況をなんとかするべく、

株や為替への積極投資を考えるも、
いまだ先の見えない世界同時不況のため動くに動けない!

今の私にあるのは仕事後に視るアニメや漫画や小説である。
どうも現実逃避のスペシャリストかつ
アラームサービス副社長鈴木です。

〜アカペラ〜
2月にライブを予定していますが・・・
日程によってはまたもドタキャンの可能性が浮上。

いい加減メンバーには愛想つかされてもおかしくないです。

新曲をやる準備はできているので、あとは休みだけです。
頼みますよ、社長。


〜機動戦士ガンダムUC(福井晴敏)〜
タイトルはアレですが、
最近ではめずらしく小説に手を出し、見事にハマりました。

就寝前に布団に入りながら読みふけり、
寝不足に拍車がかかっています。

今回読んでいて思うのは、
自分が文章から何かを想像する力に欠けているということ。

細かい描写もよく味わいながら読んでいるのですが、
どうしても固定された絵が頭の中に出ちゃいますね。

今年一年は文章を多く読み、
そこから何かを思考するということを心がけます。

それにしても、
ガンダムの監督である冨野由悠季が書いた小説よりも、
より感情移入できるというのはこれ如何に。


〜麻生総理空転、長引く不況〜
巷は解雇の嵐ですね。
現在特に問題とされているのが、派遣の中でも製造ラインの派遣。

給料はある程度もらっているものの、社会保障や住宅がなく、
企業にとってはつまり一番切り易い人々。

自己責任論と企業の責任論が真っ向から対立していますが、
個人的には自己責任だと思っています。

上に立つ連中は基本お金儲けしたい人達ですし、
それに地位や権力や会社を守る責任があります。

自分達が都合のいいようにできる力と知恵があれば、
迷わずやるでしょう。

もっと言うと、自分が苦労して上に立った時を思って下さい。

それなりに贅沢をしたい、
その上責任少ないならどんなに楽かと思うはずです。

そのような者達から身を守るにはこちらも武装しないといけません。

日々の情報や法律の知識、
ある程度なら理論武装可能なはずです。

私は面倒くさいとかどうせダメだという意識から、
これらをあまり勉強していないです。

時間なんて作ればできるし、本当に問題意識をもっているなら、
睡眠や食事の時間も削れるはずです、
自分や家族に関わることなのですから。


というわけで長くなりましたが、
つまりはもっと勉強して知識をつけ、知恵をつけ、

さらには
それらを使って一人でも生き抜くという気概さえあれば、

まだまだなんとかできる余地はあるということです。


ちなみに、機動戦士ガンダムUCは現在7巻まで発売中。

Amazonや全国のアニメイトに行けば
必ずといっていいほど手に入るはずです。

あと、アラームサービスもよろしくお願いします。

 
BACK